2010年12月31日金曜日

2010年最後の更新

今年は、趣味関係では大きな変化があった年でした。
twitterを始めたことも、実音とわのに出会いコミュニティを作り誕生祭をやってみたことも、大きなキッカケになりました。

来年も、楽しみながらよりアクティブにやってきたいと思います。
残り数分ですが、皆様も良いお年をお迎えください。

2010年10月21日木曜日

UTAUテストエンジン聞き比べ

時間ができたので、UTAU SNSで公開されているテストエンジンで01 balladeを「実音とわの」の両バージョンで歌わせてみました。

以前Upした動画のUSTを元に作り直し、ちょっと真面目に調声もしてみました。

  • 実音とわの(2010/04/04版 キッパリはっきりめ)

Model4(テスト版: 謎のエンジン)

fresamp12(テスト版: えふりさんぷ)

resampler(UTAU 0.2.90付属)


  • 実音とわの(2010/07/20版 おっとりやわらかめ)

Model4(テスト版: 謎のエンジン)
fresamp12(テスト版: えふりさんぷ)
resampler(UTAU 0.2.90付属)

BPM=72とゆったりとした曲なので、M4エンジンでも翔星P(SHINTAさん)が比較された時に気にしていた滑舌の悪さは感じませんでした。

ハッキリとした発音の2010/04/04版では、fresamp12で特徴がより強く出ているように感じました。よりハッキリスッキリとした発音に感じます。

柔らかい発音の2010/07/20版では、Model4でより柔らかく優しい雰囲気が出ています。fresamp12はちょっとハッキリしすぎかな。

主観のみ、好みだけで感想を書いてます。
感想など共有できたら良いかなとおもます。

2010年9月27日月曜日

UTAU SNSへ招待していただきました。

SHINTAさん(翔星P)にUTAU SNS「ネットの海で君とUTAU日々」に招待していただきました。
UTAU界隈の有名人がいっぱい居て凄いなと。当たり前ですが(笑)

これで、新エンジンやUTAUのテストへの参加できます。

SHINTAさん(翔星P)、ありがとうございました。

2010年8月28日土曜日

PythonでTwitter on FreeBSD - python-twitterライブラリのインストール

FreeBSD 8.1 RELEASEにpython-twitterライブラリをインストールしたときの備忘録です。

pythonでTwitterAPIを簡単に利用できるライブラリpython-twitterをインストールします。
依存ライブラリのインストールがすんでいない場合は“依存ライブラリインストール編”を参考にインストールを済ませてください。

PythonでTwitter on FreeBSD - 依存ライブラリのインストール

FreeBSD 8.1 RELEASEにpython-twitterライブラリをインストールしたときの備忘録です。

pythonからtwitterAPIを利用するためのライブラリpython-twitterに必要な依存ライブラリをインストールします。
インストール済みの場合は“python-twitterインストール編”を参考にしてください。

2010年7月4日日曜日

とわの誕生祭2010開催告知

「実音とわの」コミュニティのコミュニティオーナーとして告知です。

とわのさんの誕生日7/20が迫っています。
誕生日をみんなで盛り上げるために「とわの誕生祭2010」を開催することにしました。
内容は動画のUp祭り。参加方法などは告知動画↓を見てください。



Up主さん任せじゃなくてコミュ主として何かやった方が良いと思うけど、ネタや準備期間が足らないorz。
ゲスト呼んで生放送とかは無理そう...。

2010年6月23日水曜日

Nexus Oneがやってきた

Andoroidスマートフォン“Google Nexus One”が手元に届きました。



前々からAndroidには興味があり、日本国内の公式販売を期待してたんですが、アメリカでの売り上げ不振もありGoogleが直販から撤退してしまいました。今後、日本からの入手がますます難しくなりそうだったので、アメリカの1SHOPMOBILEからの購入に踏切りました。
海外からの通販は初めてだったのでドキドキでしたが、対応も迅速で注文から4日で手元に届きました。

3G通信環境は、使用感の確認のためb-mobile SIM U300の1ヶ月版を使用。
アプリはとりあえず、Twitterクライアントの“HootSuite Lite”と“Shimeji”をインストールしてtwitterだけはできる環境にしました。

ブートローダーをアンロックしなくてもrootを取る方法があるようなので、時間ができたときにじっくりといじり倒そうと思います。

2010年5月30日日曜日

とわのさんに「twinkle」をUTAってもらいました。

約2週間ぶりの動画投稿です。
今回はてぃーたいむPの「twinkle」をUTAってもらいました。


Youtube: Life Alaif.【実音とわの】「twinkle」をUTAってもらったよ【カバー】

今回は、意外性を狙いました。
投稿一発目に「意外な選曲」というコメントが付いていましたが、それは狙い通りですw

好きな曲を歌わせたいという欲求と共に、確立しつつある“実音とわの”のイメージを壊したいという気持ちもありました。

以前のエントリにも書きましたが、“実音とわの”は音声ライブラリとしての質が高いのでキャラクタのイメージで利用の幅が狭まってしまっては勿体ないと思っています。
やっぱりいろんな人に使ってもらっていろんな作品が作られた方が面白そうですし。

もちろん、キャラクタを付けることを否定するつもりは一切ありませんよ。
多くの人の注目を集めるためには魅力的なキャラクタも重要です。また、キャラクタのイメージから作られた作品には素晴らしいものがたくさんあります。
たとえば、テトのキャラソン ケトラPの「テトラポッド」は大好きです。

とにかく、いろんな人にとわのさんを知ってもらいたい&使ってもらいたいんです。

2010年5月17日月曜日

僕がとわのさんに“はまっている”理由

さて、動画投稿だけじゃなくて大百科の項目やコミュニティを作るほど、とわのさんにはまっている理由が3つほどあります。

2010年5月16日日曜日

ニコニコミュニティに「とわのさん」のコミュニティを作ってしまった...。

ニコニコミュニティに「実音とわの」コミュニティを作ってしまいました。



twitterにもとわのさんファンが居るみたいですし、ファン同士の交流の場になれば嬉しいです。

2010年5月13日木曜日

とわのさんに「です☆めた」を歌ってもらったよ

約一ヶ月ぶりのご無沙汰でした。

のぼる↑Pの「恋はきっと急上昇☆」をとわのさんに歌ってもらいました。

MP3:


今回は、
  • gフラグの使用
  • シンセ→MIDI入力→UTAUへのインポート
  • 自力でコーラスパート追加
に挑戦してみました。

始めは音探しの為にシンセを弾いてただけだったのに、いつの間にか演奏が楽しくなってしまった。
楽器の経験が学校の授業程度だったのにKORG X50を衝動買いしてしまって...。活用できて一安心。

メインボーカルはg+5、コーラスはgなしで調声しました。
gフラグで結構、雰囲気変わるんだなと。

今までUpされてるとわのさんの曲はカッコ良い曲やしっとりとした曲が多いので、コレをきっかけに可愛らしい曲が増えてくれると嬉しいです。

2010年4月17日土曜日

期待の新音源「実音とわの」さんにUTAってもらったよ!

うたらんの新音源紹介コーナーで一聞惚れしていた期待の新音源「実音とわの」が4/12に配布開始してました。仕事でバタバタしているうちに見逃してたorz

配布前の紹介動画でさんざん「使ってみたい」ってコメントを付けまくってたので、早速一本動画を作ってみました。



マキシマイザで0.0dBギリギリに調整してるせいなのか、H.264にエンコードするとノイズが気になる...。
ミックス後のWAVやMP3ならそんなこと無いのにorz

MP3:


りりさんバージョンで作ったustをそのまま流用して自動調整しただけでキレイに歌ってくれてます。
UTAUテスト版に搭載された自動連続音機能すげぇ。

あと、fresampととわのさんの組み合わせもすげぇ。
UTAUで再生した時点(エフェクトかかってない状態)ですっごくキレイな歌声。思わず「すげぇ、すげぇ」を連発してしまいました(汗

UTAU界隈も良い意味でスゴイことになってます。

2010年3月22日月曜日

fresamp Ver.0.06を使った動画を投稿しました。

UTAUのテスト版エンジンfresamp Ver.0.06でノイズの問題がクリアになったので、羽音りりに耳ロボPの「朝焼けサイクリング」を歌わせてみました。



今までの動画では高音域のノイズに対応するためEQでバッサリと切っていましたが、今回はコンプレッサとリバーブのみでMIXしてみました。

EQで調整しなくても聴感上、気にならないような...。
まぁfresampでは相当、高音域のノイズが無くなっているのは事実だと思います。

UTAUエンジンテスト版(fresamp Ver.0.06)使ってみました

飴屋PのtweetでUTAUの新エンジンテスト版の最新Ver.0.06がリリースされていたので試してみました。

fresamp Ver.0.05:
fresamp Ver.0.06:
ustファイル

fresamp Ver.0.05では羽音りり連続音源を使った場合、連続音の"a た"の"た"の頭にブチブチノイズがのってました。
Ver.0.06では解消しているのがわかるかと思います。

引き続きresamplerと音質面で比較したいと思います。

2010年3月21日日曜日

テスト版UTAUエンジンの出力比較

最近、飴屋PがtwitterでUTAUエンジンのテスト版をリリースしています。
fresampは、サンプルごとに行っている音程変化をフレーム単位で行う実験用のエンジンだそうです。

同じustファイルを使用して各エンジンで出力してみたのでまとめます。
UTAUバージョン
Ver.0.3.00 α5(テスト版)
音源ライブラリ:
羽音りり連続音源
曲:
01 ballade(星のカケラ)

UTAU 0.3.00 α5付属 resampler.exe:
fresamp.exe Ver.0.03:
fresamp.exe Ver.0.04:
fresamp.exe Ver.0.05

fresamp.exeバージョン0.03と0.04ではキンキンとしたノイズが気になります。バージョン0.05ではresampler.exe並にノイズが抑えられています。

技術的な詳細まで追っかけられて無いですが、とりあえず比較用の素材として提供します。

新作投稿から一晩明けて...

ブログの方もだいぶご無沙汰でした。

ゆうべ、約2ヶ月半ぶりに動画を投稿しました。

YouTube:Project Alaif Channel

夜中に雷で目が覚めた時に確認したら「異常に」再生とコメントが伸びてました。  
どうやら「世界の新着動画」に拾われてたらしい。

自身の無いオケの部分には「おかしい」ってツッコミはいってて想像通りだった。
でも意外に「UTAUスゴイ」だったり「人っぽい」という好意的なコメントが目立って意外。セカチャクは荒れるイメージが強かったので。

動画が短くてアンケート前に終わってしまってたので「逃げ切り乙」のコメントがあって思わず笑ったり、「納得の逃げ切り」や「逃げ切りGJ」のコメントが嬉しかったり。
再生数が伸びたことよりコメントでいろいろなリアクションがあったことの方が嬉しい。

自己満足以外に自分にできるのは、UTAUや音源ライブラリの露出を増やして良さを知ってもらうこと。
これもいい宣伝になってれば幸いです。

2010年1月21日木曜日

UTAUのシェアレジ支払い開始

VectorのシェアレジでUATUのライセンス発行が始まったことを飴屋Pのツイートで知りました。

少しでもUTAUに貢献したかったので、すぐにライセンスを購入しました。

税込み3,400円。飴屋Pの発言から4,000円オーバーを覚悟していたので思ったより安かった。
これで、「振り込めない詐欺」解消ですね。

2010年1月14日木曜日

UTAU最新版 Ver.0.2.61

UTAU公式サイトでUTAUの最新版 Ver.0.2.61が公開されました。(飴屋Pのブログ記事)

Ver.0.2.49→Ver.0.2.60で大きく変更があり、主なところで
  • UI周りの機能追加(再生位置の表示、ピアノロール分離などなど)
  • resamplerのDLL版が使用可能になった
  • ほぼ機能制限のないシェアアウェア(見た目が格好良くなる特典付きカンパウェア)になった
最後のカンパウェアについては、Vectorへの審査中とのことで、まだ支払いはできないようです。

2010年1月7日木曜日

EQによる声質の違い

以前、投稿した動画で、「ローパスが強すぎて鼻声っぽく聞こえる」というコメントをもらいました。
音的なコメントを初めてもらったので、参考にして調整し直してみました。



一人でやってると、おかしな所に気づかない事に気づかせてもらいました。

検証のために、EQなし版、鼻炎版、鼻炎治療版のMP3を作ってみました。

白鐘ヒヨリで砕月 EQなし

高音がキンキンする気がします。

白鐘ヒヨリで砕月【鼻炎版】 EQ 高域切りすぎ(3kHz以上バッサリ切る)

キンキン感は無くなりました。
しかし、聞き比べると声がこもっていることが分かります。やり過ぎました。

白鐘ヒヨリで砕月【鼻炎治療版】EQ 高域弱め(3kHz以上-12dbぐらい)

バランスを取るとこんなもんでしょう。

コメントをキッカケに実験・検証することができ、一つ賢くなりました。
コメントを下さった方、ありがとうございました。

2010年1月3日日曜日

白鐘ヒヨリ連続音源&単独音源統合の方法

白鐘ヒヨリ連続音源には拗音が含まれていないので、単独音源と統合して補う必要があります。
そこで、連続音源を使用するまでの手順を簡単に説明します。
  1. 音声ライブラリのダウンロード
  2. UTAUのvoiceフォルダへの配置
  3. 原音設定ファイルの更新

白瀧さんのブログUTAU音源白鐘・鳴瀧家配布所から、単独音源の長音版と連続音源の再録版をダウンロードします。

ダウンロード後、展開しUTAUのvoiceフォルダに以下のように配置します。








続いて、僕が調整した原音設定ファイルをダウンロードしZIPファイルを展開します。
展開して出来たファイルで元の原音設定ファイルoto.iniを上書きします。
※念のため、元のoto.iniはバックアップしときましょう。

2010年1月2日土曜日

新年初投稿

あけました。おめでとうございました。

年末年始の休みの間にちょこちょこDTMの練習してました。
その結果をニコ動に投稿しました。



今回は、白鐘ヒヨリ連続音源再録版を使ってみました。
デフォ子に「砕月」を唄わせた時との違いは、
  • UTAU連続音源を使用
  • 音声ライブラリの原音設定の変更
  • ソフトウェア音源をMusicCreator4付属のTTS-1からEmu ProteusVXに変更
  • マスター出力にコンプレッサーFXを追加
です。

UTAUの調声では、原音設定にまで手をだしてしまいました。
確認後、今回の曲用に調整した原音設定ファイルを出す予定です。

ミキシングでは、デフォ子の「砕月」からイコライザやコンプレッサーで聴感の調整に挑戦しています。
これも忘れないうちに、ブログにメモしとかないと。